奈良県中体連ソフトボール専門部

奈良県中学生女子ソフトボール大会の結果等を報告します!

都道府県対抗大会 結果

JOCジュニアオリンピックカップ
第13回 都道府県対抗全日本中学生女子ソフトボール大会
3/26(日)〜3/29(水)※雨天により二日間順延
東京都三鷹市/三鷹市大沢総合グラウンド・調布市西野球場

大会公式HP(外部リンク)

★選抜チームの紹介
奈良県選抜チームは前年度まで、秋季新人大会に出場したチームの8人+選抜チーム監督が選んだ選手数名で構成されていました。

この選抜チームの在り方については近年議論がなされ、今回(2016年度)の選抜チームでは、奈良県の各チーム監督から推薦された選手を集め、選考会を行なった上で選抜チームを作るということになりました。

全てのチームの全ての選手に選考のチャンスが与えられたという意味で、今回の選抜チームは奈良県の歴史上では画期的な選抜チームとなりました。

そうして、11月に真美ヶ丘中学校を会場にして選考会が行われ、以下の8チームから選手が集まって奈良県選抜チームが結成されました。
・香芝北8人(新人大会優勝校)
・真美ヶ丘2人
・京西2人
・桜井1人
・富雄1人
・大瀬1人
・平群1人
・三郷1人

★一・二日目
今回の都道府県対抗大会はあいにくの雨からスタート。

3/26・27の両日が雨天順延になったために、日程の都合上準々決勝までしか消化できませんでした。

それによって、長野県選抜・AICHI・福岡県選抜・大阪選抜の4チームが優勝となりました。

奈良県選抜チームは3/26(日)は東京女子体育大学さんのご厚意で大学の体育館をお借りしてトレーニング。

3/27(月)はどうしようかと困っていたところ、和歌山選抜さんに紹介していただいた日立ソフトボール部(日立サンディーバ)さんの施設でトレーニングをさせていただきました。

この両日では、北京五輪金メダリストの佐藤理恵さん(東京女子体育大学監督)と山田恵里選手(日立ソフトボール部)にもお会いできたということで、奈良県選抜チームの選手たちにとっては思い出に残る日になりました。

★三日目
3/28(火)、いよいよ待ちに待った初戦。
9:00開始の1回戦では、東京選抜Bチームが静岡県選抜を2ー1で下し、対戦相手が決まりました。

○2回戦(13:30開始)
東京選抜B 0033000 …6
奈良県選抜 0000000 …0

奈良県選抜は初回、二死から3番が敵失で出塁し、相手のパスボールの間に二塁へ。
二死二塁で4番バッターを迎えましたが得点できず。

奈良県選抜は二回裏にもヒットとバント、相手のパスボールで二死三塁のチャンスを作るも、あと一本が出ずに無得点。

振り返ってみるとここで得点出来なかったのが響いたか。

東京選抜Bは三回表に一気に3得点。
死球と敵失と犠打で一死2・3塁のチャンスを作り、バッターは3番。
この場面で右中間へ三塁打を放ち、2点を先制。
さらに4番の内野ゴロの間に3点目。

奈良県選抜としては重い3点を取られます。

東京選抜Bはさらに四回表、投手交代直後に2本のヒットを重ね、一死2・3塁のチャンス。
ここで、1番バッターが左中間へ三塁打。5ー0とリードを広げます。
さらに一死三塁から2番のスクイズで追加点。6ー0と突き放します。

6点を追う奈良県選抜は六回裏に再び二死3塁のチャンスを迎えますが、ここも一本が出ず。

ホームが遠い展開に。

最終的には東京選抜Bチームに2安打に抑えられ、0ー6での敗戦となりました。

敗れはしましたが、ハツラツとしたプレーを見せてくれた奈良県選抜チームのみなさんにとっては大きな経験になったのではないでしょうか。

これから夏の大会に向け、各チームに戻って今大会で得た経験をチームメイトに伝えていくことで、さらなる飛躍を見せてくれることを期待しています。

奈良県選抜チームの選手・スタッフ・関係者の皆さん、お疲れさまでした。









※今大会の取材は大瀬中学校元コーチである畑中さんにご協力いただきました。ありがとうございました。

★この記事を見て「いいね!」と思った方、気に入って頂いた方。下の「拍手ボタン」をポチッと押していただけたら管理人が喜び、テンションがあがります。
もしかするとこのHPのクオリティーも上がっていく…かもしれません。ぜひどうぞ。


.

テーマ:ソフトボール - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/06(木) 06:43:55|
  2. 2016年大会結果
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad