奈良県中体連ソフトボール専門部

奈良県中学生女子ソフトボール大会の結果等を報告します!

近畿大会女子1回戦結果


第64回近畿中学校総合体育大会
ソフトボール競技

◎女子の部
1回戦
平 田3000000 …3
稲美北320100X …6
(平) 加藤ー吉田
(稲) 中村ー安楽
(三) 加藤(平)
(二) 田中(平) 中村(稲)

☆A球場の第1試合は平田中学校(大阪2)と稲美北中学校(兵庫1)の対戦。
1回表平田の攻撃。
1番バッターがレフト線への三塁打を放ち、二死後4番のセンターライナーが相手のエラーを誘い平田が先制。その後、3連打を集中し、2点を追加して3ー0とリードを広げる。

しかしその裏、稲美北も一死2塁から3番のライト前タイムリーヒットで1点をかえし、なおも連打で1死満塁。
この場面で7番バッターのセンター前2点タイムリーヒットで一気に同点に追いつく。

稲美北は2回裏にも連打と送りバントで一死2・3塁とし、またもや3番バッターのタイムリーヒットで2点を勝ち越した。

追加点が欲しい稲美北は、4回裏にも連打と犠打・故意四球で一死満塁のチャンスを作り、6番バッターのレフト前タイムリーヒットで貴重な追加点をあげた。

反撃したい平田は5回以降の攻撃を三者凡退に抑えられ、初戦敗退。兵庫県代表の稲美北中学校が準々決勝へと駒を進めた。

桜 井0001000 …1
住 吉000002X …2
(桜) 松本ー矢野
(住) 矢木ー左山
(二) 那須(住)

☆B球場の第1試合は桜井中学校(奈良2)と住吉中学校(兵庫2)の対戦。
先攻の桜井は初回に2番バッターがセンター前ヒットで出塁し、センターが後逸する間に一気に3塁へ。1死3塁のチャンスを迎えたが、後続が倒れて無得点。

桜井はその後も2回表・3回表と3塁へランナーを進めるもあと1本が出ず、得点できない。

両チーム無得点で3回を終えたあとの4回表、桜井は2死から7番が相手のエラーで出塁して盗塁。
その盗塁の場面で捕手からの2塁送球が悪送球になり、ランナーは3塁へ。
2死3塁のチャンスを迎える。その場面で住吉のバッテリーがワイルドピッチ。3塁ランナーがホームインして桜井が待望の先制点を奪う。住吉としては2死からミスが続いて先制点を与えてしまった。

なかなかチャンスを作れない住吉だったが、6回表に先頭の9番バッターが左中間を破る2塁打を放ち出塁。
1死後、2番がバントヒットで続き、1死1・3塁とこの試合初めて3塁ベースを踏む。
そこで1塁ランナーが盗塁。桜井の捕手がショートへ送球したのを見て3塁ランナーがスタート。
ショートからホームへ送球するも間に合わず、住吉が1ー1の同点に追いつく。さらに1死2塁と住吉のチャンス。
3番バッターは三振するも、3ストライク目を捕手が後逸。
1塁へ送球してバッターはアウトになるも、ランナーは3塁へ進塁。
2死3塁から、今度は桜井バッテリーがワイルドピッチ。ランナーがホームインして住吉が一気に試合をひっくり返す。

7回表の桜井の攻撃は三者凡退で終わり、兵庫県代表の住吉中学校が準々決勝へと駒を進めた。

1回戦第2試合
和歌東0000000 …0
長浜西000300X …3
(東) 中北ー沖
(西) 志治ー田中

☆A球場の第2試合は和歌山東(和歌山2)と長浜西(滋賀2)の対戦。

1回表和歌山東は相手のエラーでランナーを出すも無得点。長浜西も2回裏に初ヒットでランナーを出すも後続が倒れ無得点に。
両者粘り強いピッチングと守りで1点を争う好ゲームに。

試合が動いたのは4回裏。
長浜西は2本のヒットと犠打で2死2・3塁のチャンスをつくり、8番バッターのセンター前タイムリーヒットで1点を先制。さらに続く9番の打球がピッチャーの足にあたり、ライト前に転がる間に2者が生還し、3ー0とリードを広げた。

追いつきたい和歌山東は、6回に2死1・3塁のチャンスを迎えるも後続が倒れ無得点。7回の攻撃も三者凡退に抑えられ、ゲームセット。
長浜西は完封勝利で準々決勝進出を決めた。

衣 笠2000000 …2
紀北隅0000000 …0
(衣) 稲葉ー江藤
(紀) 堂本ー田中花
(二) 田中(衣)

☆B球場の第2試合は衣笠中学校(京都2)と紀見北・隅田中学校(和歌山1)の対戦。

1回表、衣笠は先頭バッターがいきなりセンターオーバーの2塁打を放ち、無死2塁のチャンス。2番バッターは振り逃げで出塁し、無死1・2塁。3番のバントを1塁へ悪送球する間に2者が生還して衣笠が初回に2点を先制する。

対する紀見北・隅田は1回から3回まで一人のランナーも出せず苦しい展開。4回裏に3番バッターがチーム初となるヒット、5回裏にも6番バッターがセンター前ヒットを放つも、後続が倒れて無得点。

衣笠も2回以降はチャンスを作れずにいたが、7回表に8番バッターが相手のエラーで出塁。2死2塁から1番バッターのセンター前ヒットで2塁ランナーが一気にホームへ突入したが、センターからの好返球でタッチアウト。追加点を奪えない。

しかし、最後は衣笠の守備陣が紀見北・隅田の攻撃を6回・7回と三人で抑え、初回に得た2点を守りきり完封勝利。
京都府代表の衣笠中学校が準々決勝へと駒を進めた。

テーマ:ソフトボール - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/08/07(金) 14:07:40|
  2. 2015年度大会結果
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad